« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

お月見(十五夜編)

Cimg2622 突然ですが、「お月見した?」

と言うのもなんですが、先日(9月23日)、お月見をしました♪

本当は9月25日が、“中秋の名月”(十五夜)でしたが、ちょうど連休の中日ということもあって、2日ほど早くしました。

今回、お月見についていろいろ調べたところ、どうやら中国の行事が日本に伝わったらしく、“収穫祭としての神事”らしいことがわかりました。

他にわかった事として、

日本では十五夜の後、十三夜、十夜と三度の神事が行われますが、本場中国では、十五夜だけであることや、

十五夜だけしかしないと「片見月」といって、縁起が悪いく、必ず日本では十三夜も行われること、

お供え物は基本的に、十五夜がサトイモで、十三夜がクリであること、

地方によっては、「お団子泥棒」と言って、子供たちが近所の家々にお団子を盗みにいく習慣があり、現在はそれが、「お団子ちょうだーい!」とおねだりに行くと、ハロウィーンみたいに、お菓子をもらう形に変化していること、

お供え物の団子の数や、形、供え方が、所々で変わっていること、

今では、十五夜は、旧暦の8月15日にあわせるのではなく、その前後の土曜、日曜に行われることが多く、“十五夜もどき”に近い形に変化している。

もっと悪く言うと、単なる“飲み会”に変化していることがわかりました。

ということで、最初は、「伝統にのっとり、細部まで再現したものを!」と言っていましたが、どうやら今では“何でもあり”みたいなので、

我が家ではこんな感じでやってみました( ´艸`)ムフフ♪

Cimg2623 いかがでしょう?

なんだか自分の食べたいものが中心で、「伝統はススキとサトイモ」だけになってしまいましたが(笑)

ただし、宮崎でも、伝統的なお月見が行われているところがあるそうで、国富、綾あたりでは、「お団子泥棒」が、子ども会の行事としてまだ続いているそうです。

なんとも微笑ましいかぎりです。

いつまでも、この習慣は続いてほしいものです。

みなさんもぜひ!十三夜で盛り上がりましょう♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

お月見計画中♪

Takanawatsukimi01l 涼しくなりましたねー♪   ヽ( ̄▽ ̄)ノ 

先月までは、診療が終わって外に出たとき、スタッフともども、「暑ーい!」とか、「死ぬー!」などと、“夏のお決まり文句”を連呼しながらの帰り路でしたが、ここ最近は、「涼しいー!」、「気持ちいいー!」と、さわやかな言葉が自然と出てくるようになり、にわかに秋の気配を感じるようになりました♪

先日、ニュースレターを書きながら、9月について考えていたのですが、ここ十数年、お月見をしていないことに気がつきました。 ハッ!(`ロ´;)

昔は、十五夜になると、お供え物を準備しつつ、“お月見”をするのは、待遠しく、楽しいものだったのですが、気がつくと、いつ頃からか、パッタリと、途絶えてしまい、先日まで思いもよらないものになっていました。  ; ̄ロ ̄)!!ガーン

ついうっかりというレベルじゃありません!きれいさっぱり忘れていました!(* ̄∇ ̄*)♪

多忙な毎日で、精神的に余裕がなくなったんですかねー? …( ̄へ ̄|||)

そこで!今年は、この奥ゆかしく、古き伝統を復活させることを決定しました♪   

しかも!盛大に!

何から何まで、てんこ盛りで、細部にわたるまで忠実に再現した“お月見”をです♪   

なんとまあ極端な!といった感じですが、やはりこういったことは形が大事ですし、今はまだ解りませんが、何がしかの意味があるのではないかと思ったからです♪   

何故お月見があるのか?(お恥ずかしい限りですが、この年まであまり良く解っていない)

その意味を再認識するするためにも、いい機会ではないかと考えました♪ ヾ(〃^∇^)ノ

次回は、「再現されたお月見」を、ドキュメントタッチでご紹介できると思います。つづく・・

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »