« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

フッ素はすごい!

Brushingonly 前回、「ハミガキが、むし歯予防にあまり効果がない。」と、書きましたが、みなさんまだ信じられないでしょう?

そこで!

私たちが、学会で見るスライド(一般の人でも、わかりやすいやつね♪)を一部、お見せしましょう♪

どうでしょう?日本人の虫歯が減らない理由は、ずばり!情報不足です!

正確に言うと、「情報が古い!」

私が小さいころは、「ハミガキせんか!むし歯になっど!」と、散々言われましたし、虫歯ができると、「ちゃんと、ハミガキせんやったやろ?」

な~んてよく言われました♪

この言葉って、今でも良く聞きますよね?

では、何故こんなにも根強く、定着しているのでしょう?      …( ̄へ ̄ ) ?

それは、やっぱり「ハミガキは、必要だから!」です♪    ヾ( ̄o ̄;)オイオイ 

ここで重要なのは、歯磨きは何のために必要なのかを、正確に理解することです

そこで、まとめてみますと・・・

  1. ハミガキ自体は、むし歯予防効果が低い。
  2. フッ素が必要!
  3. しかし、フッ素は一般的に手に入りにくい。
  4. じゃあ、どげんすっか?
  5. あ!あった!
  6. 歯磨き粉!

これこれ♪ ポイントは、ここなんです!

フッ素は、薬事法の関係で、一般の人は買えないんです♪

しかし、フッ素入りハミガキ粉は、どこでも売っています♪

つまり、“フッ素入り歯磨き粉”を使うために、ハミガキが必要なんです♪”(歯周病対策にも!)

この、“フッ素入りハミガキ粉”を上手に使えば、予防効果を上げるのは、簡単!

そこで、第2のポイントですが、 「ハミガキの後、丁寧にうがいをしない!」です。

歯医者になる前は、私もそうでしたが、ハミガキの後、何回も口をゆすいで、せっかくのフッ素をきれいさっぱりゆすぎ落としていました。

これでは、せっかくのフッ素効果も台無しです。

しかし、この方法は、ハミガキ粉の後味が残って気持ち悪いんですよねー♪

うちの患者さんも、このことを言われる人が多いんです。 (;´▽`A``   

でも、身近にフッ化ナトリウムがない方は、試してみる価値ありです♪  ヽ( ̄▽ ̄)ノ

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

いい歯の日♪

Corny 今日は、11月8日です!って、今日が何の日か、ご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?・・・

「むし歯予防デー!」     ・・・それは、6月4日です。_| ̄|○

ずばり!「いい歯の日です!」  ヾ(〃^∇^)ノ

ちなみに、いい歯の日は、「11(いい)8(歯)」の語呂合わせをもとに、1993(平成5)年、むし歯、歯周病の早期発見、早期治療や、家庭での予防の普及を促すために、日本歯科医師会によって制定されました。

よくある語呂あわせではありますが、4月8日(良い歯の日)、6月4日(むし歯予防デー)と並ぶ、歯科界では重要なイベントデーです♪

ところで、むし歯予防といえば、まず「ハミガキ!」と思われるでしょう?

しかし、このハミガキ、歯周病には有効ですが、「むし歯にはあまり有効ではない」 ことをご存知でしょうか?

私の歯科医院で、このことを患者さんにお聞きすると、ほとんどの方がご存知無く、資料をお見せして、初めて納得されます

ちなみに、ハミガキだけでのむし歯予防効果は、最高で15%程度でしかなく、これは「10本むし歯になるとしたら、1.5本を虫歯から防げる」と言うことです。

言い換えれば、 「残りの8.5本は穴が開く」ことになり、他の予防法と比べると非常に効果が低いむし歯予防法と言えます。

しかし、世界的に広く普及した方法であることも事実で、歯周病予防に有効であることを考えれば、一概に「全然ダメ!」とは言えません

そこで、一工夫すると効果が2倍になります♪

それは、次のような方法です♪

  1. フッ素入りの歯磨き粉を使う。
  2. 最後のうがいを丁寧にしない
  3. そのあとの飲食をひかえる

ご存知の方も多いと思いますが、フッ素の予防効果は非常に高く、海外では水道水に意図的に添加されているほどです。(日本は、まだ入れていない)

さらに、うがいを丁寧にしない理由は、歯磨き粉のフッ素が少し残るようにして、その効果を引き出すためで、このことに関しては海外の論文にその根拠となるデータが発表されるほど、はっきりとした差が認められました

最後に、ハミガキのあと、飲食しないほうが良い理由は、フッ素の効果がかなり落ちてしまうからです。

いかがですか?意外に簡単でしょ?  これで、むし歯予防効果が2倍になり、他の予防法と組み合わせれば、むし歯を完全に防ぐのは難しくありません!

いや!むしろ私自身がやってみて 「こんなに簡単なのか?」 と思います♪

実際私は、ここ20年虫歯の治療を受けていません。つまり、受ける必要がないのです

何の予防手段もとらなければ、むし歯は、1年間で平均2.5ヶ所できる事(1978年、P.Axelsson&J.Lindhe)を考えると、最低、40ヵ所は治療を受けることになります

それを、ゼロにすることが可能な方法があるということです。

虫歯の治療がいやな人は多いはず♪

あなたも、ぜひ!試してみてはいかがですか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »