« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

新型インフル感染しました!

Zu2 うつされました!ついに!

前々回に、「謎が多い新型インフルエンザ(H1N1)!」を書きましたが、先々週には早速感染してしまいました(笑)

まずは、うちの子から始まって、それから私と、じいちゃん、そしてばあちゃんへと、数日であっという間に感染しました。

ことの始まりは、うちの子が修学旅行から帰ってきたときのこと、声が変だし、咳を頻繁にするため

「お前、新フルエンザにかかったかもよ?」と、言うと、

「旅行中、熱がある子がいたよ!」とのこと、

早速、感染対策(手洗い、うがい、マスク着用、などなど)をとった上で、

その日から体温を測り続けていると、予想どおり発熱(37.5℃)!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! って事で、

用意していたリレンザ吸入開始!

翌日、永山先生のところへ直行!

検査結果はドンピシャリ、 「新フルエンザです♪1週間外出禁止です♪」 の御達しrain

さらに、感染防御体制を強いていたにもかかわらず、周囲の私たちも声がおかしい!

「これは、うつったようだね~ (ノ∀`) アチャー」・・・・「タミフル飲んどく?」

「え?あるの?飲む飲む♪」ってな感じで、一家全滅!

恐るべき感染力です! 

とは言うものの症状は軽く、私も半日休診しただけで、午後には回復!

ニュースで聞いていた死ぬぞ!怖いぞ!という目にはあわずに一件落着♪

早めに手を打てば、それほど怖くはなさそうです。

しかし!ニュースによると、このインフルエンザは、肺で増殖するらしく、最初にあげた写真のように、季節型インフルエンザと違い、肺の破壊力が強いようで、重症化する(肺炎になる)ことがあるのも事実!

しかも、感染力がメチャクチャ強い!(ハッキリ言って、大人もかかります! 子供たちより症状が軽いので、気づかないだけのようです。)

感染予防対策は、通常のレベルでは無理だと思います。

これだけ蔓延すると(うちの子の学校は、修学旅行後、翌日には学年閉鎖になりました。)感染対策はかなり厳しく、

強いて重症化対策を考えるならば、大人はタミフル、子供はリレンザを常備しておき、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったらすぐ服用!でしょう!

それと普段から、早寝早起き、朝ごはん!で、体調を崩さないようにしておくことでしょうね!

ただし、前々回も書いたとおり、現在のところノイラミニダーゼ阻害薬(タミフルなど)は有効に利いていると思われ、症状も大半が軽いようですが、ウイルスは細菌類に比べて変化しやすいので、強毒性のウイルスに変化したときを考えると恐ろしいsweat02

とりあえず、早めにもらっておくのも、対策のひとつになるかもしれません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »