健康

新型インフル感染しました!

Zu2 うつされました!ついに!

前々回に、「謎が多い新型インフルエンザ(H1N1)!」を書きましたが、先々週には早速感染してしまいました(笑)

まずは、うちの子から始まって、それから私と、じいちゃん、そしてばあちゃんへと、数日であっという間に感染しました。

ことの始まりは、うちの子が修学旅行から帰ってきたときのこと、声が変だし、咳を頻繁にするため

「お前、新フルエンザにかかったかもよ?」と、言うと、

「旅行中、熱がある子がいたよ!」とのこと、

早速、感染対策(手洗い、うがい、マスク着用、などなど)をとった上で、

その日から体温を測り続けていると、予想どおり発熱(37.5℃)!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! って事で、

用意していたリレンザ吸入開始!

翌日、永山先生のところへ直行!

検査結果はドンピシャリ、 「新フルエンザです♪1週間外出禁止です♪」 の御達しrain

さらに、感染防御体制を強いていたにもかかわらず、周囲の私たちも声がおかしい!

「これは、うつったようだね~ (ノ∀`) アチャー」・・・・「タミフル飲んどく?」

「え?あるの?飲む飲む♪」ってな感じで、一家全滅!

恐るべき感染力です! 

とは言うものの症状は軽く、私も半日休診しただけで、午後には回復!

ニュースで聞いていた死ぬぞ!怖いぞ!という目にはあわずに一件落着♪

早めに手を打てば、それほど怖くはなさそうです。

しかし!ニュースによると、このインフルエンザは、肺で増殖するらしく、最初にあげた写真のように、季節型インフルエンザと違い、肺の破壊力が強いようで、重症化する(肺炎になる)ことがあるのも事実!

しかも、感染力がメチャクチャ強い!(ハッキリ言って、大人もかかります! 子供たちより症状が軽いので、気づかないだけのようです。)

感染予防対策は、通常のレベルでは無理だと思います。

これだけ蔓延すると(うちの子の学校は、修学旅行後、翌日には学年閉鎖になりました。)感染対策はかなり厳しく、

強いて重症化対策を考えるならば、大人はタミフル、子供はリレンザを常備しておき、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったらすぐ服用!でしょう!

それと普段から、早寝早起き、朝ごはん!で、体調を崩さないようにしておくことでしょうね!

ただし、前々回も書いたとおり、現在のところノイラミニダーゼ阻害薬(タミフルなど)は有効に利いていると思われ、症状も大半が軽いようですが、ウイルスは細菌類に比べて変化しやすいので、強毒性のウイルスに変化したときを考えると恐ろしいsweat02

とりあえず、早めにもらっておくのも、対策のひとつになるかもしれません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

謎が多い新型インフルエンザ(H1N1)

M00197h1n1swl600dpi 昨晩、うちの子が熱があると言う!体温を測ってみると37.0℃とやや発熱している。

「どげんあるね?」と、聞いてみると

「ちょっとだるい~♪」

「咳はでん?食欲はどう?」 「んー、ちょっと出るかな? お腹はあんまりすいてないけど。」

「じゃあ、おやつはいらんね!」

「えー!!食べるっ!」   ・・・たいしたことはないようだ♪

しかし、この時期、この手の体調変化には過敏になってしまう。

と言うのも、うちの子の隣の中学校で、百数十人新型インフルエンザが発生し、学校全体が閉鎖になった。

いつかは感染するだろうとの懸念はぬぐえない!

最近、小児科の先生に聞いたところでは、発症しても1~2日で熱は下がり、症状も軽いとのこと

さらに、同世代の子達では感染が拡大しているが、発症者の家族間での垂直性の感染は見られないそうである。

もし感染したとしても、たいした心配はいらなそうだが、今日のニュースでは小6の男の子が、心筋炎で死亡している

感染した人の大半は問題なさそうではあるが、死亡報告もある

なんとも謎が多い!

歯科は、直接患者の口に触れる仕事だけに神経を使う。 来院患者が待合室に入った時点から体調を観察し、水平感染が起こらないように気を配る。

05_px450 万が一に備えて、タミフルも準備した(笑)  笑うか普通!

いつになく内容が重くなってしまったが、油断は禁物!本日のところは致しかたなかろう。

最後ではあるが、現在の日本国内の状況は下位のとおりになっている。

Sinin1 冬季になると、変異型の出現とタミフル耐性株の出現も考えられる。

はてさて、今のうちにもらっておいたものかどうか思案のしどころである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

歯周病はこわいぞ~!

ぶぶっちさんのリクエストにお答えして今回は(歯周病が体に与える影響)についてわかりやすく説明したいと思います。

軽度の歯周病はあまり深く考えることはないのですが、重度もしくは中等度の歯周病はかなりやばいです!

コメントで説明しましたが、重度の歯周病になるとその病巣の大きさは手のひらぐらいになるといいました。

想像してみてください!背中やお腹に手のひら大の潰瘍があるとしたらあなたの気分や体調はどんな感じですか?・・・・最悪でしょ?

こうなると微熱ぐらいは出るでしょうし、ただの潰瘍ではなくその上にバターを塗ったようにバイ菌がベットリついた状態ですから、血管リンパ管を経由して全身にバイ菌が広がっていきます

(これは実際におこっていることが偉い先生たちの研究で確認されています。)

しかも!この潰瘍は10年も20年もほったらかしで治療をしなければどんどん悪化していくわけですからそりゃー体調が悪くならんはずがないでしょー!

ところが私も歯医者になってわかったことですが、こんなに悪い状態なのに本人は痛くもかゆくもないようで

“痛くないと?”  と聞いても・・・   “ぜーんぜん♪何がー?”

てな感じです。…( ̄へ ̄|||)

どうやら歯周病菌が痛みを麻痺させる物質を出しているようなんですがまだ詳しくは解明されていないようです。

311_10_pic2 ちなみに左の画像が影響が出るといわれている病気です。

Image83_1 こまかく説明するのは大変なので担当のスタッフに聞いてください♪ 

 ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

治療法については・・・

Copy03102 この状態が・・・( ̄Д ̄;;

Copy03102_1 こうすると・・・ (;^_^A

Copy04226

こうなります♪ ヾ(〃^∇^)ノ

グロい?だからこうなる前に歯医者に行きましょう♪

がんばろー! (゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/オォー

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|